株式会社大阪シティドーム スタッフ募集株式会社大阪シティドーム スタッフ募集
京セラドーム大阪 京セラドーム大阪
ドームを支えるのはあたなです!京セラドーム大阪 スタッフ大募集

京セラドーム大阪では、現在さまざまな職種で求人募集を行っています。プロ野球選手が、ライブアーティストが活躍する京セラドーム大阪。
あなたもここで試合・イベントをサポートしていくアルバイトスタッフとして働いてみませんか?やりがい満点のお仕事があなたを待っています。
※株式会社大阪シティドーム・オリックス野球クラブ株式会社以外の求人情報が含まれます。

Job Offer Information

職種から求人を探す

  • ボールスタッフ、チケットの販売、ゲートでのチケット確認などの求人情報。

  • 京セラドーム大阪内での移動販売の求人情報。

  • 京セラドーム大阪6~8階、バルコニー付き特別観覧室接客の求人情報。

  • 京セラドーム大阪内外の巡回、ゲート、スタンド、グラウンドなどの警備の求人情報。

  • 京セラドーム大阪内の施設案内や迷子、落し物など、総合案内所の求人情報。

  • 京セラドーム大阪内飲食店舗での調理、販売・接客の求人情報。

  • オリックス・バファローズの直営店グッズ販売の求人情報。

  • 京セラドーム大阪内、店舗、施設やバックヤードなどの清掃の求人情報。

Staff Interview

グラウンドの
緊張感がとても心地良いお仕事です

F.M.さん 20代 学生アルバイト 試合運営 ボールスタッフ

試合運営 ボールスタッフ

子どものころから
バファローズの大ファンです。

大学生になりアルバイトを探すとき、好きなオリックス・バファローズに関係ある求人はないかなと思いつきました。チケットもぎりとか、球場の清掃とかなんでもよかったんですが、タイミングよく京セラドームボールボーイの求人募集を見つけることができ、すぐ応募を決めました。
ボールボーイの採用には面接のほか、キャッチングや走行のテストがあり、無事採用が決まっても最初はもぎりなどの仕事から始まります。接客や球場全体のことを学んだあとでやっとボールボーイとしてグラウンドに立てるのです。自分の場合は3ヵ月後初めてグラウンドに入りました。初日はやっぱり感動しましたね。自分の好きなチーム、好きな京セラドームというのはもちろん、目の前にプロ野球選手がいるのですから。それからもう3年がたちましたが、今でも感動してるかもしれません(笑)。
ボールボーイの仕事は、ファウルボールの処理や、審判へのボールの補充、バットや防具類の回収などです。その他、オリックス・バファローズ主催の試合の場合、練習のお手伝いをさせていただいています。自分はバッティング練習でのキャッチングをさせてもらっています。投げるのは元プロのピッチャー。そして打つのは現役のバファローズ選手。野球ファンにとっては夢のような環境ですよね。

F.M.さん F.M.さん

野球に関わる仕事を目指したい。

ボールボーイは試合をスムーズに進めていくのが仕事ですが、決して選手の動きを邪魔してはいけません。例えばファウルボールを処理するにしても、ボールと同時に選手の動きもしっかり確認します。ぶつかるなんて絶対になしです。選手に任せるか?自分で取るか?集中力と臨機応変の対応力が大切なんです。特にサード側のボールボーイは審判へのボール補充も行います。ボールに選手、審判の方、すべてを見なければならず、とても大変です。
でも、自分が立っているのが京セラドームのグラウンドで、目の前にあこがれの選手がいる。それだけで嬉しいです。選手の方にこちらから声をかけるのは禁止ですが、ボールやバットを渡すとき、ありがとうと声をかけてもらったことが何度もあります。なかなかできる経験じゃないですよね。
大学のサークル活動はやってないです。自分にとってここがサークル活動みたいなものです。たくさん仲間もできました。皆さん野球経験者&野球好きですから、「今日のあのプレイすごかったな」とかで盛り上がったりしています。
大学を卒業したら、球団や球場運営など野球に関わる仕事に就ければと思っています。このバイトでたくさんの人が、情熱を持ってプロ野球を支えていること知れたからだと思います。

F.M.さん F.M.さん
閉じる

京セラドームでの
4年間は大切な思い出になると思います

M.E.さん 20代 学生アルバイト 試合運営 ゲートスタッフ

試合運営 ゲートスタッフ

このバイトしかないと即決しました!

看護師になる勉強をしています。今大学4年生です。北海道から進学のため大阪に来ました。大学生になりアルバイトを求人サイトで探した時、真っ先に目に飛び込んできたのがこの京セラドームのアルバイト!昔から野球が好きだったので、「やってみたい!」と思い、すぐに応募をしました。
今、京セラドームゲートでの受付・案内スタッフとして働いています。お仕事は野球やイベント開催時の入場口業務です。チケットのもぎりや再入場の手続きを行っています。開場から試合が終わり、お客さまがドームを後にするまでが勤務時間です。
やっぱり野球好きの方が多い職場です。私も昔から野球が大好き。看護系で女性の多い学校に通っていると、野球の話題になることはあまりありませんが、ここでなら野球のことをたっぷりおしゃべりできます。とても楽しいです。私の場合、家から1時間ぐらいかけて通っていますが、それ以上の遠くから通っている人もいます。それだけドームのバイトが楽しいということじゃないでしょうか。

M.E.さん M.E.さん

卒業してもドームに通いますよ!

北海道出身なので一番好きなチームは日本ハムです。でも京セラドームでバイトするようになってからオリックス・バファローズも好きになりました。ここで働くスタッフは皆、それぞれに好きなチームがありますから、バファローズファンじゃなくても大歓迎ですよ。
毎日、楽しくお仕事をさせていただいていますが、やっぱり接客は難しいですね。とくにもぎりは数秒間のコミュニケーションですから。その短い間に、できるだけお客さまにお声をかけたり、笑顔を忘れないようにして接しています。バファローズが勝ったときはハイタッチでお客さまを送り出します。仕事で辛いのは、大歓声が起きたとき、ゲートだとすぐに試合が見られないので「ああ、どうなったんだろう」と思っちゃいます(笑)。
来年は卒業です。ギリギリまで働こうと思っていますから、ほぼ4年間、京セラドームで働くことになります。とても良いアルバイト経験ができたと思います。友達もできたし、敬語での話し方など、社会人としての勉強もできました。何より大好きなプロ野球にかかわることができました。これはとても素敵な経験だと思います。卒業後は関西の病院で、看護師として働くことが決まっています。だから、まだまだドーム通いは続くと思います(笑)。

M.E.さん M.E.さん
閉じる

野球好きがきっかけで、素敵な仕事に
めぐり合えました

K.M.さん 20代 アルバイト 試合運営 チケット販売スタッフ

試合運営 チケット販売スタッフ

「好きだから」それだけが動機です。

建築系の大学を卒業したのですが、学生時代から、自分に向いてないなぁと感じていました。結局その道に進むのはあきらめました。卒業後はやりたいことが見つからず、コンビニで働いたり、販売の仕事をしてみたりの日々。でもある日ちょっと思いついたんです。私は野球が大好き。大好きなプロ野球に関わる仕事ってないのかなって。求人サイトで調べてみると、ちょうどここ、京セラドームのチケット販売の求人募集がありました。もう、すぐに応募しましたね。採用が決まったときは本当にうれしかったです。
そんなわけで、今、私は京セラドームのチケット販売スタッフとして働いています。勤務ももう5年目になりました。よい仲間とも出会え、とても楽しく働くことができ、充実したバイト生活を送ることができています。
お仕事は窓口でのチケット販売です。お客さまが希望するお席を確認。端末を操作しチケットを発券、販売を行っています。試合が8回になると基本販売は終了。窓口を閉めた後は清算業務を行い、その日に起きたこと、感じたこと、今後の課題を報告し、勤務は終了します。デーゲーム、ナイターなどで時間帯は異なりますが、1日の勤務時間はだいたい6時間くらいですね。

F.M.さん F.M.さん

働く環境は◎の京セラドームです!

チケット販売で難しいのは、何か指定のアイテムを持ってきたら割引。兄弟やカップルで購入すれば割引。この紙を持ってくれば割引などなど。企画チケットや優待企画が試合ごとに20個以上あることです。それらを覚えるのはとても大変。でも、お客さまから直接「ありがとう」といってもらえる窓口の仕事はとてもやりがいがあると思います。
スタッフは10代~50代。幅広い年代の方が働いています。ちょっと女性が多めですね。明るくお話好きな方ばかりで、新しい方もすぐに打ち解けられると思いますよ。
やっぱり野球好きの方が多いですね。もちろん「野球はまったく分からない…」なんて方もいらっしゃいますが、お仕事をしているうちに、野球が好きになっていくことが多いです。目の前で野球選手を見ることもたくさんありますからね。私は阪神ファンだったんですが、もう今はバファローズファン!夢中で応援しています。
こちら京セラドームは交通の便もよく、近くにはショッピングセンターもあります。私は一人暮らしなんで本当に助かっています。本当におすすめの職場です。今の目標はチケットのことは何でもわかる、スタッフになりたいですね。「慣れない新人の方をしっかりサポートできるようなスタッフに」です。

F.M.さん F.M.さん
閉じる
京セラドーム大阪の歴史

History of Kyocera Dome Osaka

京セラドーム大阪の歴史

京セラドーム大阪は1997年、日本で3番目のドーム球場として開場しました。当時の名称は大阪ドーム。大阪近鉄バファローズの本拠地球場でした。2006年、施設命名権(ネーミングライツ)により、京セラドーム大阪の名前となりました。現在、オリックス・バファローズを中心としたプロ野球試合のほか、社会人野球日本選手権大会やコンサート、展示会などの各種イベントが開催されています。建築面積33,800㎡、最大収容人数55,000人(アリーナ面を含む)を誇る、人気球場です。

京セラドーム大阪の歴史1 京セラドーム大阪の歴史2 京セラドーム大阪の歴史3
京セラドーム大阪の歴史1 京セラドーム大阪の歴史2 京セラドーム大阪の歴史3
京セラドーム大阪周辺情報

Nearby Information of Kyocera Dome Osaka

京セラドーム大阪周辺情報

京セラドーム大阪の最寄りの駅は2つ。阪神なんば線「ドーム前駅」と地下鉄長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎駅」。どちらも駅から徒歩でスグの距離。また駅は心斎橋、なんば、梅田から、神戸、奈良からアクセスも良好なので通勤にとても便利です。ドームのすぐ近くには大型ショッピングモールやホームセンターがあり、お仕事前、お仕事帰りの買い物も可能です。公園や各種飲食店もあるので、仲間と遊ぶのにもピッタリ。オンもオフもしっかり充実する施設、環境がそろっています。

京セラドーム大阪周辺情報1 京セラドーム大阪周辺情報2 京セラドーム大阪周辺情報3
京セラドーム大阪周辺情報1 京セラドーム大阪周辺情報2 京セラドーム大阪周辺情報3